叱って、相手から嫌われたくない。
 
先輩でも上司でさえも、そう思っています。
特に、人手不足の職場では、
辞められたくないという意識が強く働いてしまっていますので
余計にそう思っていることでしょう。
 
確かに、後輩であれ部下であれ
相手から嫌われたくはありません。
しかし、叱る必要があるときに叱れないとどうなるでしょう。
叱るというのは、要求を伝え、言動を改善してもらうことです。
 
例えば、福祉の現場であれば
利用者や園児に不適切な対応をしているケース。
職員から嫌われたくないので叱るのを止めておこう。
それは、利用者や園児を疎かにしています。
また、職員にとっても、今(不適切な対応)のままでいいと
思わせてしまいます。
その職員に対しては、改善の機会を与えていません。
それでは職員は成長しません。
このままの状態が続いてしまうと、
不適切な対応が当たり前になり
それが習慣になると、虐待につながってしまいます。
 
とすれば、叱るテクニックを学ぶ必要があります。
 
 
ワンポイントメッセージ:
 叱らない=今のままでいい 改善の機会を与えていない