やらなければいけないことがたくさんあっても、できることは一つ
 
やらなければいけないことが集中するときはあります。
介護の現場では日常的かもしれません。
優先順位を考えることはわかっていても
あれも、これも、それもと
いろんなことが頭から離れなくなってしまえば
少しパニックにもなります。
結果、どれもが中途半端になってしまうでしょう。
 
落ち着きましょう。
まずは深呼吸。慌てているときは呼吸が浅くなっています。
次に「たくさんあっても、取り組めることは一つ」と
割り切ります。すべてのことは一度にできません。
 
そして、優先順位を考えます。
  • 期限が迫っていること
  • 重要度の高いこと
  • 利用者さんの体調に大きく影響のあること
この軸は普段から意識し、考えておいてください。
焦っているときは、軸が決まりません、ブレます。
そして、他の職員に振れるものは頼むことも大事です。
 
 
ワンポイントメッセージ:
 深呼吸、一つに決める、他の職員に頼る