出来ないことまで引き受けてしまうと苦しくなります。
また、相手のペースにはまってしまうことにもなります。
自分の出来る範囲で頑張りましょう。
出来ないことは断りましょう。
 
この時のポイントは、時間です。
あなたの時間は無限にはありません。有限です。
すべてを犠牲にしてはダメです。
限られた時間の中で、
自分に出来ることをやると決め、断りましょう。
相手の要求をすべて聞かなければならないということはありません。
断ることは最初勇気が必要ですが、
思い込みを捨て、考え過ぎずにあっさりと伝えましょう。
出来ることと出来ないことを分けて
出来ることに注力しましょう。
 
介護の現場で、役職に就いている上司や先輩もそうです。
チームなのに一人で抱え込んでいませんか。
長い目で見たときに、
断ること、人に頼るのは恥ずかしいことではありません。
あなたの努力を見ているチームメンバーはいます。
 
 
ワンポイントメッセージ:
 出来ることと出来ないことを分けて、出来ることに注力