「100点か0点かではなく、その間の点数」
 
人と人が関わることでは、ほとんどのことは
 ・完璧な100点(すべてが満点)
 ・完全に0点(1つも良いことはない)
ではなく、その間の点数です。
 
「完璧な100点(すべてが満点)」でなければダメならば
99点でもダメとなり
結果、0点と同じ考え(最悪評価)になってしまいます。
 
この間の点数をつけるには
日頃から「間の点数」を
つける意識をもっておくことが大事です。
トレーニングと思ってやってみてください。
お勧めは、特に上手くいかなかったときに
「今、何点だろう?」
慣れてくれば、気分の落ち込みは小さくなってきます。
 
介護の現場職員の中には
この「100点か0点か」思考でもって
“ 私はダメ人間 ” と凹んでしまう人がいますが、
そんなことありませんよ。
冷静に自分を見つめてみましょう。
 
 
ワンポイントメッセージ:
 日頃から「間の点数」をつけるトレーニングをしましょう