叱った相手が
“叱られた”ということに
否定的なイメージを持っていると、
傷ついたり
落ち込んだり、または反発したりすることがあります。
これは相手の感情ですので、
こちらが完全にコントロールすることはできません。
 
ただ、叱るときには次の点をよく理解して、
注意することで相手のマイナスの感情は小さくなるでしょう。
  • 「~して欲しい」という要求を具体的に伝える
  • 叱る理由や目的を明確にする
  • 相手の立場に立って、理解できる言葉で伝える
  • 落ち着いて伝え、感情的にならない
  • 叱った後に、必要に応じて相手をフォローする
これらは普段から考え、準備しておかなければできません。
 
また、叱るだけではなく、普段から
ほめるなどポジティブなコミュニケーションをとることで、
より効果的に相手の行動を改善することができるでしょう。
 
 
ワンポイントメッセージ:
 “どう叱るか” 普段から考え、準備しておく