自分(先輩側)の気持ちは新人に伝わります。
まずは、自分から明るくふるまいましょう。
 
朝は明るい挨拶を心がけていると思いますが
仕事の途中、利用者介助や他の仕事に携わっているときも
にこやかな声かけをしてください。
前にも書きましたが新人は緊張しています。
その緊張をほぐすためにも
にこやかな声かけや対応はとても大切。
そして、新人が退勤するときにも明るく。
今日一日がんばってよかったと感じてもらえるように。
 
ただ、そう思っていてもmirror_woman_smile
真顔になっています。
時々、鏡を見て笑顔を作る習慣をつけてください。
福祉の現場では感染対策のため
マスクをしていると思います。
表情が伝わりにくくなっていますので意識しましょう。
 
新人の気持ちは新人のものですから
コントロールはできませんが、
自分のふるまいはコントロールできます。
自分の気持ちは新人に伝わります。
プラスの明るい気持ちを伝えましょう。
 
 
ワンポイントメッセージ:
 まずは自分から明るく新人に。