福祉の現場から少し離れます。

自転車に乗れるように練習をするとき、

 止まって足を着地するところから始める。

跳び箱を飛べるように練習をするとき自転車練習

 跳び箱を飛び終えて足を着地するところから始める。

上手くできるようになるコツです。

最後が不安なんです。

だから、その不安解消から始めると
上手くできるようになることが多いですね。

 

福祉の現場でも

 食事介助
 入浴介助
 トイレ介助で

最後にどうなっていればよいか

それをまず先輩が見せて、教えて、やらせてみる。

一度、取り組んでみてください。
 
ワンポイントメッセージ:
 まずは着地から。