仕事を頼んだのに相手(後輩)が十分出来ないとイラッとしたり、不満に思ったりしてしまいます。
頼み方に問題があったのかもしれません。
自分のレベルと相手のレベルが違うのに、一緒と思ってしまい、自分の考えている要求レベルを一方的に相手に求めてしまい、期待外れという感情に結びついていること、ありませんか。
 
福祉現場での例
介護レクリエーション活動が上手くできない後輩にプンプン。
ピアノがスムーズに弾けない後輩保育士にナンデ!?
 
相手には現時点でのレベルがあります。
 出来るレベルで頼むことに意識を向けましょう。
相手がいま出来ないことは出来ないと自分の中で割り切る!
 いま出来ないことにイライラしない、ここ大事!
 
ワンポイントメッセージ:出来ないことは割り切りきりましょう