コラム『仕事上で致命的な悪影響を起こす『確証バイアス』』続き
 
確証バイアスを完全になくすのは難しいですが、
注意することはできます。
気がつけば防げたり影響を小さくしたりできるでしょう。
そのためには、次を参考にしてみてください。
 
〇確証バイアスに囚われていないかと立ち止まってみる。
例えば、人事評価の評価者研修のときに、
評価を付けるときには「評価エラー」の一覧表
まず確認してからにする。
 
〇自分の思い込みや仮説を疑ってみる。
それってホント?」を頭の片隅に置いておいて、
判断するときなどはその言葉を引き出し確認してみる。
 
〇反対の情報に目を向ける。
極端な真逆の情報を考えてみたり、
ネットで検索してみたりするのもよいでしょう。
  
〇いろいろな角度から物事を捉えてみる。
知りたいことや判断しようとしていることについて、
関係性のない第三者など
まったく知らない人に質問してみるのはよい方法です。
または、想定外の想定をしてみる。
 
 
ワンポイントメッセージ:
 『確証バイアス』対策を研修の演習に取り入れやってみる