人事コンサルタント鷹取が贈る「人事評価・労務管理・人材育成」入門

◆部下の人事評価・労務管理・職場のマネジメントに必要な考え方やツール、情報をピックアップしてお届けします。 ◆特に、医療・福祉分野の方向けにまとめていますが、一般企業の方にもぜひ参考としていただければ幸いです。 ◆担当は、人事総務部サポーター・現場管理職サポーターでアンガーマネジメント・ファシリテーターの『人事コンサルタント鷹取 人事マネジメント研究所 進創アシスト 代表』より。 【無断転載・無断複写禁止】

都道府県労働局雇用均等室

Q.女性からの申立「育児短時間勤務の申出を理由とする不利益取扱い」




紛争解決の援助事例~育児短時間勤務の申出を理由とする不利益取扱い●女性労働者からの申立内容~育児短時間勤務の申出を理由とする不利益取扱い
 「育児短時間勤務(1日8時間のフルタイムのところ1日6時間の勤務)の申出をしたところ、会社の人事労務担当者から短時間勤務者には精勤手当を支給しないと言われ、「精勤手当 無し」と記載された短時間勤務取扱通知書が交付された。
短時間勤務でも欠勤がなければ精勤手当が支払われるはずであると申し出たが、短時間勤務者は皆同じ取扱いをしていると言われ、取り合ってもらえなかった。」

 この事案、労働局長はどのように援助したと思いますか?
 結果は、労働局長の助言通りで紛争解決したようです。

 援助内容は、次からご確認ください。


「平成23年度男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法に関する相談、紛争解決の援助及び是正指導の状況まとめ」公表~労働者の権利侵害に関する相談件数が増加

 5月31日、厚生労働省から平成23年度に都道府県労働局雇用均等室(以下「雇用均等室」という。)で取り扱っ「た男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法に関する相談と、紛争解決の援助申立・調停申請の受理状況」が公表されました。こちらも状況の概要は理解しておいてください。
都道府県労働局への紛争解決の援助申立・申請は初めて1千件超に 
 
①男女雇用機会均等法
 「セクシュアルハラスメント」に関する相談が半数以上を占めており、「婚姻、妊娠・出産等を理由とする不利益取扱い」「母性健康管理(いわゆる、妊産婦への配慮)」に関しての相談が多い結果となっています。
 
②育児・介護休業法
 改正育児・介護休業法が施行された平成22年度から比べると相談件数は減少しています。法律の改正による対応方法についての相談が一段落したと思われます。
 しかし、労働者からの相談で「育児休業が取れない」など個別の労働者の権利の侵害に関する相談件数が増加していることは注意すべきでしょう。
 
③パートタイム労働法
 こちらの相談は前年度より大幅に増加しています。
 相談内容では、「通常の労働者への転換」が最も多く、次いで「労働条件の文書交付等」となっています。雇用均等室が行なった是正指導でも同じ順位となっており、パートタイマーに対する労務管理のより整備が求められていると言えます。
 
 
 平成23年度男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法に関する相談、紛争解決の援助及び是正指導の状況まとめ~都道府県労働局への紛争解決の援助申立・申請は初めて1千件超に~
 
プロフィール

進創アシスト 鷹取...

月別アーカイブ
進創アシスト homepage
homepage_201708
youtube「病院のパワハラ防止研修」
youtube-Harassment-kensyu-HP_201709
進創アシストblog「介護スタッフの定着・育成のための『プリセプター制度』紹介」
blog_kaigo-preceptor
進創アシスト fecebookページ
facebook_201708
進創アシスト twitter
最新執筆『主任介護支援員研修テキスト』

執筆本『職場のルールブック』



執筆本『医療機関の労務トラブル事例集』



座談会出席『職場のトラブルをどう解決!』

月刊保険診療_20130510
座談会「(医療機関)職場のトラブルをどう解決するか」に出席した記事掲載されました
執筆雑誌『SR第22号』

執筆雑誌『SR第21号』

 
 
これはいい! お薦めウイルス対策ソフト
超軽量、手書き資料を即座に映写できるプレゼン・研修の最適アイテム!
記事検索
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ