<管理職からの質問>
管理職の困った顔 部下がなかなか期待どおりに育ってくれません。他部門のベテラン管理職からは、私の部下はよく頑張っていると褒められることもあるのですが、私の評価が間違っているのでしょうか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<解説>
社労士 あなたと他部門の管理職とで部下の見方が違うのではないでしょうか?
 
 役職についていない一般従業員の場合、「成果」や「能力」への期待も無視してよいわけではありませんが、それよりも「情意」項目である“規律性”“協調性”“責任性”“積極性”をきちんと理解し、実践してもらうことの方が、まずは大事だと人事評価制度を見直しするときに検討メンバーから聞き、そのように構築しました。
上司からみた良い部下像 
 実際、上司(評価者)からみた良い部下の姿(部下像)について、いろいろな評価者研修でグループ・ディスカッションを行ない、意見としてまとめてもらうと次のような結果がよく出てきます。
 ・ 指示に対して忠実に取り組み、報告・連絡・相談がきちんと行っている
 ・ チームワークを大切にする
 ・ 与えられた目標を理解して、その達成のために一生懸命チャレンジする
 ・ 自分の意見を持っている
 ・ 意欲を持って仕事に取り組む
 これらは、正に「情意」項目であり、仕事をするにあたっての基本だと思います。まずは、こちらを重点において考えてください。そして、机上の学習ではなく、実際の仕事の中で学ばせ、身につけさせるために、丁寧に指導してください。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ポイント>
! 一般従業員の場合、上司からみた良い部下像では「情意」項目へ期待が大きいため、まずはこちらを重点において評価することが一般的です。(ただし、それぞれの会社ごとで人事評価制度の仕組み方が違いますので、担当責任者によく聞いてください。)
 
 
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

人気ブログランキング