<管理職からの質問>
困った顔_ 就業規則の綴じられているファイルの中に、育児・介護休業規程などが綴じられているのですが、就業規則との関係を教えてください。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<解説>
70be946f 殆どの会社では、就業規則とは別に次のような規程や規則が設けられています。
 
 
・『賃金規程』
  毎月の給料や賞与についての支給ルール
・『退職金規程』
  退職金についての支給ルール
・『育児・介護休業規程』
  育児休業、介護休業の取得についてのルール
・『継続雇用規程』
  定年を迎えた従業員を再雇用や勤務延長するときのルール
 
 ところで、以前の記事「就業規則の目次の確認」の中に
就業規則の一部 第6章 賃金
 第7章 退職金
と書きましたので、『賃金規程』や『退職金規程』が重複しているように思われた方もおられるのではないでしょうか? 実は、上にあげた規程も就業規則の一部です。就業規則の中に入れてしまうと、条文の数が多くなり、ページ数が増えてわかりにくくなるため別に設けているのです。
 
 なお、就業規則の中にこれらを設けるのも間違いではありません。そのような扱いをされている会社もあります。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ポイント>
! 労働時間や休日・休暇・賃金・退職・その他従業員のすべてに適用される規程や規則などは、就業規則とは別に綴じられていても就業規則の一部となります。
 
 

 人気ブログランキング   にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へにほんブログ村