人事コンサルタント鷹取が贈る「人事評価・労務管理・人材育成」入門

◆部下の人事評価・労務管理・職場のマネジメントに必要な考え方やツール、情報をピックアップしてお届けします。 ◆特に、医療・福祉分野の方向けにまとめていますが、一般企業の方にもぜひ参考としていただければ幸いです。 ◆担当は、人事総務部サポーター・現場管理職サポーターでアンガーマネジメント・ファシリテーターの『人事コンサルタント鷹取 人事マネジメント研究所 進創アシスト 代表』より。 【無断転載・無断複写禁止】

2012年10月

勤務医の就労実態と意識に関する調査(JILPT)

<管理職からの質問>
管理職の困った顔 医療機関に勤務する医師の労働条件を検討するときに、参考となる資料はありませんか?
  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<解説>
社労士 労働政策研究・研修機構(JILPT)より、「勤務医(医療機関に勤務する医師)の就労実態と意識に関する調査」の調査結果が発表されました。 勤務医の労務管理を考える最新のものとして参考になるでしょう。
 
  
 調査項目はたくさんありますが、私が特に興味深いと感じた項目は「労働基準関係法令の遵守に対する認識」です。(グラフ参照)
勤務医の労働基準関連法令の遵守に対する認識 
 「医師は勤務医であっても、特別の使命があるのだから、労働基準関係法令の適用が遵守されなかったとしてもやむを得ない」又はどちらかというとそれに近いと回答したものが約30%。
 
 「医師といえども、勤務医は病院に雇用されている労働者であり、労働機関関係法令の保護下にあるべき」又はどちらかというとそれに近いと回答したものが約70%。
  
 おおむね年齢が若くなるほど、また男性よりも女性の方が、後者「法適用に積極的な回答」が多くなっています。
  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ポイント>
! 勤務医は労働基準関係法令の適用に積極的な回答が多くなってきていますが、消極的な回答も約30%もあります。やみくもに一律的に取り扱ってしまうと、勤務医の特別の使命感が殺がれ、モチベーションに悪影響を及ぼしてしまうことがあると思われます。
 勤務医一人ひとりに、勤務医としての働き方や法令遵守についての考えをよく聞きながら、法令遵守と勤務医としての特別の使命感が両立できるよう業務の調整や改善に取り組まなければなりません。ここに、勤務医の労務管理の難しさがあるでしょう。
 
 
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へにほんブログ村
 
人気ブログランキング 
   

news letter 2012年10月号

人事マネジメント研究所 進創アシスト 発行の「 news letter 2012年10月号 (pdf)」です。ダウンロードしてご覧ください。   http://blog.livedoor.jp/shinsou_assist/newsletter/201210.pdf
newsletter_201210

 ↓ news letter 紹介の推薦図書  



プロフィール

進創アシスト 鷹取...

月別アーカイブ
進創アシスト homepage
homepage_201708
youtube「病院のパワハラ防止研修」
youtube-Harassment-kensyu-HP_201709
進創アシストblog「介護スタッフの定着・育成のための『プリセプター制度』紹介」
blog_kaigo-preceptor
進創アシスト fecebookページ
facebook_201708
進創アシスト twitter
最新執筆『主任介護支援員研修テキスト』

執筆本『職場のルールブック』



執筆本『医療機関の労務トラブル事例集』



座談会出席『職場のトラブルをどう解決!』

月刊保険診療_20130510
座談会「(医療機関)職場のトラブルをどう解決するか」に出席した記事掲載されました
執筆雑誌『SR第22号』

執筆雑誌『SR第21号』

 
 
これはいい! お薦めウイルス対策ソフト
超軽量、手書き資料を即座に映写できるプレゼン・研修の最適アイテム!
記事検索
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ