先日、大手ネットA通販会社にある商品を、5日後の指定日・指定時間配達で注文。
その指定日の指定時間になったはじめて、注文が多くて配達が翌日となりますという遅延メール。
自宅ではなく事務所への配達であったので、電車代と時間を使って待っていたのに。
機械的な遅延連絡のみ。
プライム会員になっている意味ない。
自宅ならまだしも、事務所には毎日行くことはない上に、これから出張続きで受け取りも近日中は調整できず。
最悪!(怒り)
 
A通販会社にしてみれば利用者何億人のたった1人。
痛くも痒くもないんでしょうね。
 
- - - - -
 この件を、アンガーマネジメント的にいえば、
「配達時間を守るべき」
「配達時間が守れないなら、前日までに連絡すべき」
「翌日配達だと発送も配送もたいへんだろうからと思って時間的余裕をあえて作った私の思いを忖度すべき」
という“ べき ” 言い換えれば“ 期待 ”を裏切られたことへの第2次感情としての『怒り』
 
スケールテクニックを使い「人生最大の怒り」を10点とすれば6点ぐらいになる。
最近アンガーログをつけていて5点以上はなかったので、私にとっては結構な『怒り』だ。
そして、その感情がしばらく続いていることを考えると、持続的な『怒り』になっている。
精神的にはよくない状態だ。
 
blogで出来事と感情を客観的分析的に書いて少し落ち着ければ。
 
-----------------------------------------------------------
「アンガーマネジメント研修」インストラクターの鷹取が記事を書いています。
研修・セミナーに関するお問い合わせは、次までお気軽にご連絡ください。全国対応しています。
( mail to: takatori@shinsou-assist.com )