「 『フィードバック面談研修』カリキュラムの②事例検討(1) 」のつづき。
 
(例)『フィードバック面談研修』のカリキュラムの
1. 具体的な事例を用いながらロールプレイ演習 
 
②事例検討~フィードバック面談準備
 
について、(1)のつづきをご紹介しましょう。
 
-----
グループディスカッションでは、グループメンバーそれぞれが各自の評価結果を見せ合いながら、どう考えてその点数をつけたかを話し合います。
このとき評価者研修を全くしていない場合や定期的に実施していない場合は、メンバー間の評価のバラツキが大きくでてしまいます。
[この想定は織り込み済みの上で]グループのメンバー間で議論をしあい、グループとしてまとめた最終的な評価結果を発表してもらいます。
 
例えば、グループが5つあれば、それぞれのグループから最終的な評価結果を発表してもらいます。
このときも各グループの評価結果にはバラツキがでます。[この想定も織り込み済みです]
全員、他グループの発表もよく聞いておきます。
全発表の後、私から一つひとつ講評をします。
 
(次のblogに続く)
  
-----------------------------------------------------------
「評価者研修・フィードバック面談研修」インストラクターの鷹取が記事を書いています。
研修・セミナーに関するお問い合わせは、次までお気軽にご連絡ください。全国対応しています。
( mail to: takatori@shinsou-assist.com )