大阪府委託民間事業者対象社会福祉研修の一つとして
ファイン財団(一般財団法人大阪府地域福祉推進財団)にて、研修講師を務めました。
 
テーマ:「介護事業所における人事考課とキャリアパス」
日時:2017年7月13日(木) 14:00~16:00
対象:介護保険事業所及び障がい福祉サービス事業所の管理者及びそれに準ずる者
会場:大阪府社会福祉会館(大阪市中央区谷町7-4-15)
 
-----------------------------------------------------------
会場に到着すると受講者は58名(申し込み60名)
想像ではその半分程度かなと思っていましたので、びっくらポン。
テーマ的に今回は講義一辺倒でしたが、受講者の眼差しは真剣そのもの。平成29年度の介護職員処遇改善加算(Ⅰ)にも絡むテーマだったので、非常に意識を高くもっておられた様子でした。
 
ちなみに、新設の「介護職員処遇改善加算(Ⅰ)」は約6割程度の事業所が届出済。他はこれからといた状況。
届出済の事業所もキャリアパスと昇給制度について、どうすればよいのか悩んでおられたようです。
 
質疑応答の時間では
・処遇改善加算がなくなったときについて
・人事考課の5段階評価の配分について
などが出ました。
研修終了後も個別の質疑応答があり、講師を務めた多少の成果はあったように思います。
 
介護事業所、福祉事業所にとって、人材確保・定着・育成は必須の課題です。
今日お集まりの管理者、マネージャーの皆さん、お忙しいとは思いますが、人(職員)あっての事業です。
人事マネジメント力を高めて、地域で質の高いサービスの提供にご尽力ください。
 
<レジュメ表紙> 
fine-人事考課とキャリアパスsemi_20170713