『医療機関向け ハラスメント防止研修(例)』は、右図をクリックすると拡大できます。
harassment
○ 1,000床クラスの病院
○ 看護部、コ・メディカル部、事務部の課長、係長クラスを対象


参加者アンケート
・管理者のみんなでパワハラを理解し、なくしていくための認識が一致できた。
・ハラスメントの言葉で知識が偏っていたことがわかった。
・改めてコミュニケーションの必要性や指導の意味などを考えさせられた。
・ハラスメント防止には上司・部下共にコミュニケーションが日頃から取り組まれている環境をつくる大切さを学んだ。
・指導や業務上の指示とパワハラの違いについて、ときどき悩み、不安になることがあったが、考え方がわかった。
・日頃の自分の行動を振り返る機会になった。
・講義とワーク、ディスカッションでわかりやすかった。
・事例をはさんでもらって理解しやすかった。
など多数のご意見をいただきました。
就労環境の改善に役立てていただければと思います。

皆さんの病院や施設でも、「ハラスメント防止研修」を実施し、改めて職場環境を見直すきっかけにしてみてはいかがですか?

全国対応しています。
お問い合わせはお気軽にどうぞ。
(問い合わせ先は、ニュースレターご参照ください)

人事マネジメント研究所 進創アシスト
代表 鷹取敏昭
人事コンサルタント、社会保険労務士、社会福祉士、医療経営士