第2回「職場のコミュニケーションに関する意識調査」結果
公益財団法人 日本生産性本部
褒めている、褒められていない


(図をクリックし、拡大してご覧ください)

「上司は褒めているのに、褒められていないと部下」
ギャップの大きさに驚かされますね。

上司は褒めているつもりでも、部下には届いていない。
一方、部下は上司の言葉を理解しようとしていない。

ただ、この関係を改善するには、上司が表現方法を変えるしかない。

褒めるときは、少し大げさぐらいがちょうどいい。
結果もいいが、過程や役割をクローズアップして、みんなの前で。