<管理職からの質問>
管理職の困った顔 ある部下のことですが、一人は能力はあるにもかかわらず、目標がなかなか達成しません。どのように指導すればよいでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<解説>
社労士◆同級生が大学受験で変身!
 私の通っていた高校は、当時ストレートに国公立大学へ進学できる者はあまり多いとは言えませんでした。その高校で1,2年生での成績が上中下で言えば中クラスの目立たない同級生が、大学受験で次々に有名私大に合格、さらに国立大学にも合格。快挙でした。クラス中から驚きと羨望の眼差しが寄せられました。

◆なぜ同級生は変身したのか?
 卒業前、その同級生に話を聞いてみたところ、1年生のときから塾に通ってコツコツやっていたというのです。私は、このときからコツコツ=継続ということについて考えるようになりました。もちろん、ただ単に継続さえすればよいというものではありません。目標に向かって一歩一歩階段を上るように確実に上がっていく。大きな目標を達成するために、小さな目標達成(=成功体験)が必要なのです。同級生は塾でコツコツこれをやっていたのです。

◆小さな目標達成を褒める
 また、その小さな目標達成を褒めてくれる人が周囲にいれば、なお更頑張ることができます。会社の仕事でも同じではないでしょうか。従業員各々に適した課題を、小さな目標に分けて丁寧にやらせ成功に導くように指導する。成功すれば褒めてやり、そして次の1ステップ上のことに挑戦させるのです。この繰り返しが大事だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ポイント>
! 目標を小さく砕いて、その小さくなったものを目標にすると達成しやすくなります。そして、小さな目標でも達成すれば、褒めて、次のステップへ挑戦させる。これを繰り返すと自然に大きな目標の達成に近づきます。このコツを自ら覚えるまでは、サポートしてあげましょう。