<管理職からの質問>
管理職の困った顔 ビジョンがなんとか完成しました。これでビジョン実現に向かって進めそうですが、なにか注意することはありますか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<解説>
社労士 ビジョンが完成したら、それで終わりではありません。ビジョンを部下に浸透させなければ実現しません。そのためには、まずビジョンを実現することによって、部下の自分達の利益になる(役に立つ)ことを説明し、納得させることが必要です。
 
 そして、説明は1回ではなく、何度も繰り返して、耳にタコができるほど伝え、部下が自然にそらんずるような状態にしなければなりません。例えば、
ビジョンを浸透させる ・朝礼や部署内の会議などでビジョンを復唱する
 ・机やカレンダー、パソコンの壁紙などいつも目にするところに掲げておく
 ・新人の研修内容の中に入れて教育する
 ・定期的に部下と面談をしてビジョンについての想いを話す など
の取り組みが必要です。
 
 また、ビジョンを浸透させるには、管理職自身の姿勢もひじょうに大事です。ビジョンをどんなことをしてでも実現させるという決意と行動を取ることとそれが部下に見えている必要があります。ビジョンと異なる行動をしていれば、部下は決してついてきませんし、ビジョンも実現しません。
 
 さらに、その前提として管理職として信頼されるような行動をとることが求められます。信頼はすぐには得られるものではありませんが、次のようなことに熱意をもって、真摯に努力していれば、比較的早く部下は気づいてもらえ、信頼を得ることができるでしょう。
 ①これまでムリだとして取り組んでこなかったことに果敢に挑戦する姿勢を管理職自身が取っている
 ②①のことをできれば成功させる。ダメでもあきらめずに次の作戦を考え、実現させようと努力している
 ③誰も手をつけなかった嫌がる仕事に積極的に取り組んでいる
 ④挨拶、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)という当たり前のことを、あえて部下の見本となるような行動をとる
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ポイント>
! ビジョンが完成したら、部下に浸透させなければ実現はしません。何度も繰り返して説明したり、復唱するなどの取り組みを行い、自然にそらんずるような状態にすることが必要です。また、管理職自身として信頼されるような言動をし、部下に見せなければいけません。
 

    
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

人気ブログランキング