★福祉施設向け特別企画投稿★★
kaigo_syogukaizen「介護職員処遇改善交付金」申請で必要とされるキャリアパス その設計と活用ポイント に、とてもたくさんのアクセスをいただきましたので、特別投稿をします。こちらもご参考にしていただけると幸いです。
 
 
<管理職からの質問>
管理職の困った顔 『専門性』の習得については理解できました。次は、『業務(処理)能力』の内容について教えてください。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<解説>
社労士 業務上で必要とされる実務的な(処理)能力に関して、「判断力」「企画力」「指導力」という3つの項目から考えてみることにしましょう。もちろん、これ以外にも「交渉力」や「統率力」「改善力」等々考え出せば、もっとたくさんの項目があげられます。しかし、あまりたくさんの項目を並べると返って期待する職員像のイメージがぼやけてしまうことにもなりますので、現時点で、より重要と思われる項目に絞った方が望ましいと思われます。
 
 今回は「判断力」について考えてみます。業務において適切な判断ができることが職員には求められますが、それは職員の役割やレベルによ判断力って当然違ってきます。一例を挙げてみましょう。
 
・新入職員…担当する定型的な業務において適切な判断ができる。指示されたことが理解できない場合やわからなくなった場合には、上司や先輩に速やかに聞き適切に対応できる。
・中堅職員…担当する定型的業務の他、臨時的・突発的に発生する非定型的な業務においても、状況を的確かつ冷静に捉え、適切な判断ができる、または上司判断を適切に仰げる。
・主任…担当する業務全体が順調に遂行されるよう優先順位が適切に判断できる。専門的な知識に基づくなど根拠をもった判断ができる。
・管理職…事業レベルにおいて高度な経営判断を適切に行なえる。担当領域だけではなく、関連業務・周辺業務においても法人レベルから運営上の判断が適切に行なえる。
 
 
 以上はあくまでも一例です。当然に法人の規模、事業内容やその特性によって、判断内容は変わってきます。あなたの法人においては職員にどのような「判断力」があるとよいと考えますか? 具体的に話し合い、列記してみてください。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ポイント>
! 『期待する職員像』に求められる「判断力」では、担当している職員の役割やレベル等において当然内容は違ってきます。定型的な業務において必要とされる判断、臨時的・突発的に発生したときに必要とされる判断、業務全体の遂行に必要とされる判断、事業運営や経営的なレベルで必要とされる判断などが求められるでしょう。
 
 
 
この投稿記事が参考になりましたら、次のボタンを押していただけると嬉しいです。ご協力お願いします。 
 人気ブログランキング   にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へにほんブログ村